探偵たいたんです

浮気調査の依頼者には2パターンあります

1.パートナーの浮気に嫌気をさして

離婚したくて不貞の証拠が欲しい依頼者

2.最近パートナーの行動が怪しく

どこで何をしているのか知りたい依頼者

基本的に1.の離婚したい依頼者からの情報は

的確な情報が多い

なぜならパートナーを信用してないので

パートナーの口から出た情報ではなく

メールのやり取り、SNSのやり取り等

盗み見できるような情報網を持っており

あらかじめ浮気相手の情報やメールのやり取りを

資料として出してくることも多い

難しいのが2.の依頼者

パートナーへの愛情があり

信用しつつも疑っているので

パートナーの言う言葉と

自身の推理を混ぜて情報を伝えてくる

依頼者「あしたは私が妻を駅まで私の車で送る

予定になっていますが

私の推測ですが!

もしかしたら、逆に妻は自転車で駅までいくと言い出すかもしれません

そして、あながち、妻が自分の車で出る可能性も

捨てきれません」

ほぼ全ての可能性の推理をしてきます

調査当日

依頼者からLINEメールがくる

LINE!

妻がスニーカーを用意しているので

やはり自転車かもしれません

自転車での尾行の準備は大丈夫でしょうか?

数分後

LINE!

妻の車を私が運転して

駅まで送る可能性がでてきました

数分後

LINE!

当初の予定通り

私の車で妻を駅まで送ります

予定どおり

依頼者が駅に送り届け

妻の尾行を開始すると

LINE!

私にできることはここまでです

あとはおまかせします

どうぞよろしくお願いします

相手に振り回されない

人生にしたいもんですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。